ニュージーランド3日目!〜ワイトモ、ロトルア編〜

どうも、前野です!

ニュージーランド旅3日目に突入しています!

1日目、2日目の記事をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

2度目のニュージーランド初日

ニュージーランド2日目!

本日は3日目ということで、少し遠出をします。一緒に行くのはブラジル人のハファと日本人の友達りっきーです。

ワイトモとロトルアです。

地図で見るとこの位置にあります。

ハミルトンから車で南西方向へ1時間ほどのところにワイトモ、ワイトモから東へ2時間ほど車を走らせてロトルアへ行きます。最も僕は国際免許を持っていませんので、車は運転できません。

なのでお二人に運転は任せています。

まずはレンタカー

まずはレンタカーを借りに行きます。

が、昨日の夜予約していたレンタカーが借りれず、急遽別のところを探しに。

ハミルトン空港でレンタカーを借りる!

レンタカー.JPG

なんとか見つけていざ出発です!

オシャレなカフェでブランチ

途中オシャレなカフェを見つけて軽食をとることに。

目に入るお店全てがオシャレなので、思わず写真を撮ってしまいます。

ネスト

注文したのがこちら。

ミイル

美味しそう。美味しかった。

再びワイトモへ向かいます!

このカフェについての記事はこちら。

ワイトモ途中のカフェで一休み

ワイトモケーブで洞窟探検!

冒険といえば洞窟!

どんな冒険物語にも洞窟はつきものです。必ずでてきますよね。

今回は怪物が潜む洞窟ではなく、光る神秘的な洞窟です。

それがワイトモケーブ。

残念ながら写真は撮れなかったので、こちらで想像を膨らませてください。

ワイトモ・ケーブス | ニュージーランド – NewZealand.com

光るミミズが天井で青く光っていて神秘的でした。洞窟特有の肌寒い感じも楽しんで、ボートに乗って青く光る洞窟を下から見上げる体験もしました。貴重で面白い体験でした。

参加して良かったです。

ケーブ.JPG

唯一撮ることが許された写真がこちら。ツアーの終わりでした。

ワイトモについての詳しい記事はこちら。

リンク

16時になり、次はロトルアへ!

ロトルア

ロトルアはワイトモから東へ2時間ほどの場所にある有名な観光地の一つ。

有名で僕たちが行きたかったのは、オレンジや黄色の色の世にも奇妙な温泉です。

日を変えて向かいました。こちらが記事です。

リンク

しかしインフォメーションセンターの人に聞いたところ、17時で閉まってしまうということでした。ロトルアの市街に着いたのがすでに19時近くになっていましたので、そこは断念し、町中を散策することにしました。

市場1.JPG

今日は偶然にも週に1回しかない屋台の出るマーケットがある日でした。なのでたくさんの屋台とたくさんの人で大にぎわい!

市場2.JPG

ここで目についたうまそうな焼き鳥とホットドッグを食べました。最高!

それから温泉の湧き出る公園を散歩し、

温泉1.JPG

これ画像だと分かりづらいですが、ぶくぶく泡立っています。一見ただの公園の池ですが、近くにいると温度が高いし、ポコポコなっているのが目に見えます。

不思議な感じ。

次はニュージーランドの北島で2番目に大きい湖、ロトルア湖の周辺を散策。

公園1

家族がカモメにえさをやっていて、少年がそれを邪魔していたり、

公園2

ブラックスワンがいたり。これにはびっくりです。

しかもしかも、

台所.JPG

これまたびっくり!公園にバーベキューができるコンロが置いてあるのです!しかもこれは自由に使っていいらしく、近くに椅子とテーブルもあるので、食材持ってくるだけでバーベキューができます。さすが、アウトドア文化の根強いオセアニアです。市が、国がアウトドアに対応しています。さすが。

台所2.JPG

実際楽しんでる人もいました。

その後はまだ時間があったのでロトルアガーデンに行き、花畑と写真をパシャリ。

花

そしてこんなところにも温泉が湧いていました。

温泉3.JPG

むしろ他の公園で見たどの温泉よりも温泉らしく、写真の通り湯気も出ています。温度も一番高そうです。

この近くにはこれらの熱源を利用して、スパも多いみたいです。

さあ、帰る!

風景.JPG

ということで、今回はワイトモとロトルアを中心に観光しました。

いかがだったでしょうか。

旅はいい。小さいことでも発見があればそれの積み重ねで人生が豊かになっていく。毎日小さな冒険です。。。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

“ニュージーランド3日目!〜ワイトモ、ロトルア編〜” の続きを読む

念願のホビット村!!

どうも、前野です!

本日はニュージーランド2日目!

ニュージーランド2日目!

ニュージーランドといえばみなさんは何を思いつきますか?羊、自然、緑、、、

それももちろんありますが、僕としてはホビットとロードオブザリングの舞台となった場所という印象が強いです。

 

特にホビットは家で何度も見た映画で、僕の旅への冒険心を駆り立ててくれました。

高い映像技術と壮大なスケール、ストーリー全てが重なって僕を旅へと誘います。

そんなホビットの映画でひときわ印象に残り、物語の始まりに存在するのがホビット村です。

今回は念願のそのホビット村に行ってきました!!

 

 

25ものホビット穴

 

ホビット村といえば、緑の芝生に囲まれた丘に小人族ホビットの住む家の入り口、いろんな青、赤、黄色、緑、様々な色のドアに彩られたホビット穴が印象的。

そこには映画の画面の中でしか見たことがなかった光景が広がっていました。

 

 

あの扉。ずっと見たかったあの映画のセットが目の前に。

 

小物も再現されています

 

またそれだけでなく、ホビットの生活感を表す薪や斧、

 

 

洗濯物まで。

 

 

 

精巧に作られています。

これはもう一度ホビットを見たくなります。

 

 

Green Dragonという酒場

 

ツアーの最後に待っていたのは、Green Dragonという酒場でした。

 

 

 

ここでは15分自由時間となり、ドリンクが1杯無料で飲めます。

僕が選んだのはジンジャービール。

1

ほんのり甘くて美味しい。

酒場の中も映画の様子が再現されていて、テンションが上がります。

写真を撮りまくってしまいます。

さらにマフィンを購入。

4ドル(約320円)です。

320円でこの大きさはお得な気がします。スタバよりも安いかも。

他にもこんなメニューが。

 

 

2時間ほどで79ドルのツアー

ツアーはこのサイトから申し込みできます。

Hobbiton 公式サイト

 

僕が参加したツアーの他にも夜に参加できるツアーもあります。それも行きたかったんですが、人気すぎて予約が取れず。

 

2時間のウォークツアーで

79ドル。

 

日本円で

約6300円。

(1NZ=80円で計算しています)

 

ドリンク付きです。

十分満足でした。参加して良かったです。

 

 

すぐにホビットを見返して旅のワクワク、冒険のワクワクを思い出したいところです。このファンタジーを作ってくれたJ.R.R トールキンと映画監督ピータージャクソンには感謝しかありません。他のスタッフにも感謝です。これを見たおかげで僕の人生はより豊かになりました。

 

これからの3週間の冒険の始まりを飾るにふさわしい体験になったと思います。

明日はどこへ行くのか。それは明日のお楽しみ。

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

こちらの記事もオススメです。

ニュージーランドでSIMカードを買うべき理由

透き通った青がかった清らかな水と緑の水草のコントラスト〜ブルースプリング〜

2度目の14日間の終わり

ニュージーランドの道たち Instagram

初めてのラジオトーク投稿!「なぜ旅に出たのか」

 

告知!!

ポルカで初のプロジェクトを立ち上げています!

img_0801

ニュージーランドの旅資金を集めています。お返しとして非公開Facebookグループにてニュージーランドの魅力、情報を存分に発信しています。

目標支援額10万円のところ、現在支援者13人、合計支援額54,000円のご支援をいただいています。ありがとうございます!

絶対に価値のある1000円にいたしますので、どうかご支援お願いいたします!

“念願のホビット村!!” の続きを読む

武者修行プログラムって一体何!?

どうも、前野です。

みなさん、最近話題の武者修行プログラムって知っていますか?

大学生の間で最近メキメキと参加者を増やし続けている、超実践型海外インターン武者修行プログラム。



このプログラムに参加してもうすぐで1年が経ちます。2017年3月14〜28日の2週間、このプログラムに参加してから、新たな気づきを得て、世界一周から路線を変更し、日本語教師をやることになり、今に至ります。

旅の進路を変えてまで今も関わり続ける武者修行プログラムって一体なんなのか、そんなに魅力があるものなのか。それを今回ご紹介しましょう。

過去4年で1500人以上の修了生を出してきた海外インターン

まず海外武者修行プログラムについて概要をご紹介します。

武者修行は、「ベトナムのホイアンという街にある8つの店舗に入り、2週間で企画を打ち立て、プレゼンをするインターン」です。

その実績は凄まじく、2014年にスタートし、現在2017年9月の時点で1500人以上の参加者を輩出したインターンとなっています。

さらにこの2017年の年末から2018年の年始にかけても、100人弱の参加者を輩出し、さらに実績を伸ばしています。

プログラムの概要はまず、同じ日程で組まれた参加者30人のグループをタームと呼び、春休み、夏休みはともに16タームが存在し、年末年始は3タームともう一つ別の応用プログラムアドバンスが存在します。

ちなみに僕はそのレギュラーである武者修行プログラムに2017年3月に12タームとして参加し、去年の年末にアドバンスに参加したということになります。

1つのタームの中には担当する店舗が2つあり、15人ずつに分けられて、さらにその中にチームを組まされます。

そのチームは事業形態によって名前を変えますが、おみやげ屋さんで例えると、

アウトサイドマーケティングチーム1

アウトサイドマーケティングチーム2

インサイドマーケティングチーム

ニュープロダクトディベロップメントチーム

の4チームに分かれ、それぞれに3〜4人のメンバーが所属します。

それぞれがその店舗をよくする企画をその役割の目線から考え、企画を立て、実際に行って改善を繰り返し、最終プレゼンに臨み、企画の採用を目指します。

ちなみに僕が参加した時の店舗は日本語学校で所属チームはインサイドマーケティングでした。チームメンバー3人と一緒に2週間を過ごしました。

ベトナムにある実店舗でリアルなビジネス体験ができる

また特徴としまして、海外インターンということで場所は日本ではありません。

ベトナムのホイアンという街です。

ホイアン?どこ?と思った方も多いかもしれません。それもそのはず。僕も参加するまで全く知らなかったですから。

ベトナムといえば、ハノイとホーチミンが圧倒的に有名な街の名前だと思います。首都と第二の都市。日本でいう東京と大阪にあたります。

それ以外の都市を知っている人は僕の感覚では少ないように感じます。旅好きでもの好きな方は知っていることもありますが、まだまだ注目度は低い場所かもしれません。

しかしそこが選ばれている理由は明確に存在します。

それはまず、ホイアンが世界遺産都市でビジネスチャンスが豊富にあるということや、ベトナム全体が親日で日本との交流も深い街であるということ、また治安がいいことなどが挙げられます。

そんなホイアンに存在する武者修行の店舗は以下の通りです。

  • クールジャパンインホイアン(通称CJH、おみやげ屋)
  • Green star MLB(通称MLB、英語学校)
  • Samurai Japanese School(通称SJS、日本語学校)
  • Natura SPA(スパ)
  • MARIMBA(ハワイアンレストラン)
  • METAMORPHOSIS ブティックアンドワインバー(通称メタ、ブティックショップとワインバー2店舗経営)
  • InterWorld Educational Center(通称IEC、教育センター)
  • Mi Rong Noodle House(通称ミーロン、麺専門のレストラン)

この中で僕が関わったのは、日本語学校SJSとアドバンスプログラムで立ち上げたレストラン、ミーロンです。

店舗ごとの詳しい説明は別の記事に書くことにします。

業態ターゲットもさまざまな8店舗(メタを二つに分けると9店舗)がホイアンに軒を連ね、参加者を待っています。

ここで参加者はいろんな企画を考え、提案し、フィードバックをもらい、改善を繰り返して濃密な2週間を過ごしていきます。

そしてさらにこの体験を濃いものにするためにもう一つ欠かせない大事な要素がここにあります。

ファシリテーターという存在

それはファシリテーターの存在です。

ファシリテーターという聞きなれない言葉が耳に入ってきたかと思います。検索すると以下のように出てきます。

ファシリテーター

ここではファシリテーターは参加者30人の考える企画に対し、フィードバックを与えてくれる大事な存在になります。

またプログラム日程の中盤になると、個人面談というファシリテーターと1対1で話ができる時間が設けられています。現在の日本の教育上、子供の間に大人と真面目に対面で話ができるタイミングというのはほとんどなく、それは社会に出てからもなかなかないと思います。

でも大学生にとっては社会に出たらどうなるのか、会社に入ったら実際どうなのか、起業ってどんなものなのか。そういう不安や悩みがあるはずです。

その悩みを解決してくれる場が存在するだけで参加する価値があるというように僕は感じました。僕自身この個人面談を通して、自分の中で大きく変わった部分もあります。

またファシリテーターには2種類の人がいて、一つはビジネスファシリテーター、

二つ目はチームビルディングファシリテーターです。

ビジネスファシリテーターは、ビジネスの目線からその企画がいいものかどうか、どんな効果を及ぼすか、どう改善したらいいかを判断してくれます。またビジネスをしていく上で大事な心構えや知識を教えてくれます。

チームビルディングファシリテーターは、主にメンタル面でのサポート、意見が言えなかったり、精神的に悩みを抱えている参加者に対し、サポートやアドバイスをしてくれます。

またタームの雰囲気を作るのもこのチームビルディングファシリテーターの役割です。

ビジネスファシリテーターには社長の人やコンサル出身の方が多く、チームビルディングファシリテーターにはカウンセラーやアメリカでアドベンチャー教育を学んできた人など、さまざまな人がいます。

それぞれが各道でプロの方達です。

プロのビジネスマンやカウンセラーが後ろに立っているインターンというのもなかなかないのではないでしょうか。

武者修行にはここにしかない要素が詰め込まれています。

あなたはまだ見ぬ「変態」を目の当たりにする



これは武者修行の広告リンクですが、僕はこのフレーズが気になって広告をクリックし、参加に至りました。

ここにある「変態」という言葉は一体なんなのか。

ここでいう「変態」とは、strangerという意味ではありません。

IMGL8578171031_TP_V4.jpg

そんなものを育ててもなんの意味もありません。

「変態」とは「変化」を表します。しかしただの変化ではありません。大きな変化です。

これは英語で表すとChangeではなく、別の言葉で表されます。

それは

Metamorphosis。

先程あげた店舗の中にもありました。Metamorphosis 。これは日本語に訳す「(魔力、超自然力による)変形(作用)、変質、変容、変態」という訳が出てきます。

webio metamorphosis

これはさなぎから蝶に生まれ変わる。そんな意味を表します。

ホイアンのMetamorphosis ワインバーには、鮮やかな蝶の絵が描かれています。

2週間でさなぎから蝶へ生まれ変わる。大きな「変態」をして、日本に帰っても次へのステップへ行けるようになる。そんな人を何度も何人も何十人も見てきました。

僕自身がそうやって変態し、今に至ります。

このプログラムでは嫌という程自分に向き合わされ、相手と真剣に向き合わされる。

開始2日目で泣いてしまう人もいました。それを見て僕は本気になりきれていない自分を悔やんでモヤモヤしたものです。

僕自身は4日目に迎えた中間プレゼンの後のチーム面談で自分の全てを引きずり出され、チームのメンバーにさらけ出しました。

それから身も心も軽くなり、意見交換が活発となり、企画もチームもよくなっていきました。目に見えた変化が自分の目の前でその瞬間に起きたのです。

これには自分でも驚いています。

そんな変態がチームが見ている目の前で起こったりします。僕のタームでもありました。

人が変わる。

文字で表すとたったそれだけのことかもしれないように見えるけど、それって間近で見るととんでもない破壊力を感じます。

今まで意見を言わなかった人が30人の前で発言するようになると、恐ろしい成長です。

そんな変化が2週間を通じて何度も起きます。

ここに参加してもちろん変わらない人もいます。自分が変わりたくないと頑なに殻を開けなければそれは変わるわけがない。結局は自分ですから。

でも変わりたいと思っていて、でもそれがこわくてできないと思っている人なら、大人のサポートを借りて変わることはできます。

毎日の日本での生活で変わることは難しいと思います。なぜならみんな毎日同じように変わらずに生きているからです。変わろう変わろうとする人はなかなかいないし、変わろうと思って簡単に変われるようだったら、もっと日本はよくなっているでしょうし、そんなプログラムも存在しません。

社会人になる前にできる貴重な体験として大学生は全員参加したほうがいいだと僕は思っています。

社会人になってから周りに流されていってしまう前に、自分の人生を立ち止まって真剣に考えるために、この2週間は間違いなく価値のあるものになるはずです。

今回は概要をお話ししましたが、また追々詳しいことや、僕の体験談も記事にしていこうかなと思っています。



本日も最後まで読んでいただきありがとうございした。

“武者修行プログラムって一体何!?” の続きを読む

【ベトナム料理】オプラを食べてみた!

 

どうも、前野圭祐です!

 

今回は日本語学校のベトナム人スタッフと一緒に早起きして食べに行った、オプラについて書こうと思います。

 

 

朝6時半に起床

日本語学校のベトナム人スタッフ、成功(彼の名前はThành。これを日本語に直すと「成功」という意味になるため、そのあだ名をつけたそうです)に「明日朝ごはんを食べに行きましょう」と言われ、「いいよ!」と二つ返事で答える。

しかし、「何時に行く?」と聞いて、返ってきた答えは「6時半」。

日本にいたら、ありえないことだけど、最近ベトナムではそれが普通であることに慣れてきて、

「いいよ」と普通に返事をしました。

 

 

目的の店は閉まっていた

 

日本では絶対ベッドすらも出ていない、6時半にきっかり集合し、自転車でお店まで移動します。

 
彼が最近行っていなくて、久しぶりに行きたいというお店に行くことになりました。

 
しかし、その目的のお店は今日は閉まっており、別の店を探すことに。

 

 

大学の近くのローカルなお店へ

 

 

目的のお店が開いていなかったので、成功の大学の近くで彼もよく通っているという、地元の人々で賑わう、屋台とレストランの中間のようなローカルなお店へ行きました。

 

 

朝の7時にもなっていないというのに、その店には多くのベトナム人の学生がいました。

 

その中にたまたまSJS(Samurai Japanese School)の学生もいたので、びっくりです。

 

挨拶をし、別れた後、僕たちも席に座ります。

 

 

 

 

Ốp laと呼ばれる卵料理

 

 

 

他の客たちを見ると何やら鉄板の上に半熟の卵が乗った美味しそうなものを食べています。

今まで3ヶ月間、レストランよりもローカルなお店に行くことの方が多く、ベトナムのいろんな料理を食べてきた僕ですが、

この料理は見たことがありません。

 

それが今回ご紹介する、

 

Ốp la

(オプラ)

 
と呼ばれる食べ物です。

 

 

 

 

 

店の看板にある、メニューの2番目に書いてあるこちらのメニューです。

 

 
運ばれてきたのが、こちら。

 

 

ベトナム料理に付いてくるバゲットと、待ちに待った鉄板の上の卵。

 

 

これがỐp laの正体です。

 

 

 

 

日本で言うところの具の少ない卵とじに近いでしょうか。

 

 

だしや醤油などの味付けを施すために、少量の汁を含んだ、卵と玉ねぎ。その上にトマトとキュウリが添えられています。

 

 

いざ実食!

では、食べてみましょう。

食べ方がわからないときは、周りの客や目の前の成功の真似をして、食べ方を学びます。

まずは、鉄板の卵をスプーンでかき混ぜます。鉄板の上にこびりついている卵をはがしながら、混ぜます。

次にバゲットをつかみます。

 

バゲットをチーズフォンデュやシチューにつける感覚で汁につけ、染み込ませます。

 

 

 

それをパクリ!

です。

 

卵は卵だけで食べてもいいですし、バゲットと一緒に食べてもいいでしょう。

スプーンで卵をすくいながら、食べました。

 

 

 

 

味の方は?

 

では味の方はどうだったか。

海外の料理には旨味という概念がなくて、深さを感じないと勝手に思っていましたが、

この料理は日本の料理かな?と思ってしまうような味を感じました。

 

日本料理には欠かせない「だし」というものが入っているような気がして、美味しかったです。

やさしいお母さんの味という感じです。

実際にこの店はおそらく地元の人の家の駐車場的なスペースでやっているので、作っているのもお母さんかと思われます。

上の写真にもあるように、みんなが食べている奥に車が置いてあります。

 

 

 

ベトナムに来てから、自分の家のスペースを使って、自営業をしている人は多いように感じます。

 

日本食に似た薄味で、自分の好みで卓上の胡椒を振ったり、チリソースをかける人も中には見かけましたが、僕は何もかけなくても、十分美味しくいただくことができました。

 

 

もう一度食べたくなる味でした。

 

 

 

 

いくら?

 

 

 
ローカルなお店でかつベトナム人といったので、ぼったくられることはなく、現地価格であることは間違いなし。

 

 

値段は

 

 

13000ドン

(約65円)

 
です。

 

食べ盛りの若者には少し物足りなさを感じますが、驚くほど安いので、足りない方は2つ頼んでもいいかもしれません。

 

 

 

評価

 

 

今日食べたỐp laの評価はこちら。

 


です。

また食べたい味でした。
今回行ったローカルカフェの位置はこちら。

旧市街から続くハイパーチュン通りをまっすぐ行き、大学のある交差点を超えたところで、左に曲がるとたどり着きます。

 

興味ある方はぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回までの記事はこちら。
思い出したこと

【ベトナム】チキンカレーを食べてみた!#35

目覚めた記事

武者修行1ターム6日目

受験という青春

【探求とは】

ブログにつけた名前QUESTの和訳に値する日本語。意味はズバリ探し求めることを意味する。行きたい場所、成し遂げたいことなど決まったゴールに向かってその答えを見つけること。それが探求です。毎日一つ何か新しく発見したもの、ことを発信するプラットフォームです。

【QUESTとは】

名前の由来はこのブログの運営者である私が、昔はまったドラゴンクエストというRPGが大好きでその名前からとったもの。

他にもモンスターハンター、デルトラクエストといった、多くのRPGゲームやSF小説に登場するクエストという言葉を聞くと、冒険を思い出し、ワクワクしたため、ぜひ自分の旅もそのようにワクワクするものにしたいという強い思いが込められています。

QUESTの直訳である「探求」という言葉には漢字の異なる同音異義語が存在する。

それが「探究」です。これもQUESTの意味に加えるとします。

求めるゴールが明確である「探求」に対し、「探究」とは答えのわからないゴールへ向かって、その道のりを探すことを意味する。

我々人間が共通して抱える見えない目的、それは「生きること」。「なぜ生きているのか」。その答えは23年間生きてきた今なおわかっていない。

だれもが悩み、一度は考えることである。それは行動することでしか見つからない。

それを場所を変え、探し究める。それが「探究」の意味するところです。

「探求」と「探究」。

この二つを旅の2大テーマとし、私に課せられたQUESTをひも解く旅に出ます。それを記した文書こそ、旅ブログQUESTとなるのです。

またこのQUESTという5つのルファベットからなる単語には、それぞれ旅の神髄とも言える、意味が込められているのです。

これは僕自身の旅の指針であり、2つのテーマを成し遂げるために必要な要素であるとも言えます。

■■■■■■■■■■■■

Q:Question (疑問を持つ)

U:Unique (唯一無二の)

E:Exciting (興奮する)

S:Surprising (驚く)

T:Try (やってみる)

■■■■■■■■■■■■

この指針に従い、旅を続けています。 発信内容は、「探求」と「探究」をそれぞれ分けて、1日1トピックずつ発信しています。

■■■■■■■■■■■■

*探求:毎日一つ何か新しく発見したもの、ことを発信します。 *探究:「探求」したことに対して、自分の感じたことを漢字1文字で表し、それに対する解説を行います。

 

note けいちゃん

YouTube 前野圭祐

Instagram

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

【プロフィール】

愛知県出身の23歳の日本人。名古屋大学を卒業後、大学院に進学するが、一冊の旅の本に出会い、それに衝撃を受け、中退。旅を中心に生きていくことを決意。

2017年5月に世界一周へ出発。旅のテーマは「好奇心」。テーマを決めず、自分の「好奇心」に従う旅をし、そこで感じたことを様々な方法で発信する。その方法はこのブログ、noteによるエッセイ、詩、YouTubeによる動画、トラベルライターなど。今後も発信を続け、大好きな文章を中心に活躍の場を広げていきたいと思っている。

2017年6月〜11月の間は、ベトナムのホイアンで日本語学校の講師として働いている。

【名古屋大学生が語る受験の本音】5. 各教科の面白いところ 国語編

5. 各教科の面白いところ

各教科の面白みを紹介しましょう。ここが面白いという部分が必ずあります。それに共感できれば、勉強にも少しながら今までより身が入るはずです。興味を持ってもらえるきっかけになると思います。

5-1.国語
現代文は平たくいえば本ですよね。本を読んでそれをちゃんと理解して読めてるかをチェックする。そして、もっとよく理解するためにいろんな種類の本を読んで、トレーニングをするとともに知識を深めましょうということです。そこでなぜみんなが興味を持たなそうなものが教科書にピックアップしてあるのかはわからないですが、それはこちらのせいではありません。夏目漱石や森鴎外の小説が載っていることが多いが、それは日本人なんだから日本の有名な文学は読んどかないといけないという大人の押し付けに近いものを感じます。でもそれだけ有名になって、もうすでにこの世にいない人物の本を読んだ方がいいと大人がいうのにはそれなりの理由があるのではないかと考えてみましょう。それぞれの魅力があるはずです。なんで夏目漱石は有名なんだろう?なんで森鴎外は今も名前が広まっているんだろう?と素直に疑問に思ってみる。そしてその著書を開いてみてもいいし、その著者がどういう人かを調べてみてもいいと思います。
参考までに僕は最近本を読むときにはその著者が何をしている人なのかを調べます。そうすることでこの本を通してこの人は何を訴えようとしているのかを考えやすいからです。
そもそも本というのは、なぜ存在するのか。そしてなぜ本好きがいるのか。それは本になんらかの魅力があるからでしょう。国語が嫌いという人は本の魅力にまだ気づいていないだけなのです。だから国語力がないからでも読解力が弱いわけでもありません。ただ本にあまり触れてこなかっただけなのです。

5-1-1. 評論
さらに深掘りしていきます。評論はなんで存在するのか。評論書いてる人はなんでそれを書いたのか。どういう思いで書いたのか。わざわざ本を書くということは、文章にして世の中に伝えたいことがあるからでしょう。伝えたいことがないのであれば本を書く必要はありません。この本を書いている僕もそうです。僕は高校生のみなさんに受験に苦しんで欲しくないし、勉強の捉え方を変えればより充実したものに変えることができると分かっているため、それをお伝えしたいという思いがあるから、これを書いています。評論の筆者にはなにか「伝えたいこと」があるはずです。それを伝えるために難しい専門用語や回りくどい表現やらを使って、伝えようとしているのです。最後の結論を伝えるために、あの長い文章は必要なのです。例えばぼくが「地球温暖化が進んでいる!」と一言で訴えても、人の行動は変わりませんし、だからどうしたと言われて終わりです。これをどんどけ深刻かをいろんな証拠や根拠を並べて、いろんな表現を使って、言葉巧みに訴えなくては相手に伝わらない。その文章は推敲に推敲を重ねて作り上げられた、その人が伝えたいことを一番伝わるように書いたものなのです。これは僕も本を書こうと思った頃に気づきました。本を書こうとしてみれば、本を作ることの難しさがわかりますし、評論の重要性もわかります。ただの漢字とひらがなの羅列ではないことを身を以て知るはずです。やりやすいのは自分の好きなことを文章で書いてみてください。自分の大好きなことがあって、それを全く知らない人がいたら、その人に教えてあげたくなりませんか。これはここが面白いんだよ!って、言いたくなりますよね。それが漫画であるのか、映画なのか、スポーツなのか、ゲームなのか、歌なのか、なんでもいいです。それを友達と語る感覚で見に書いてみてください。そしてそれをより伝わるように書くにはどうしたらいいかと考えてみてください。
読書感想文と同じです。ただ読書感想文が嫌いな人がいますよね。そういう人はその本が別に好きではなかったでしょう。僕もそういう時期がありました。今は好きな本しか読まないので、その魅力を理解しているため、読書感想文を書けと言われたら何枚でも書けます。自分の好きなものはつい熱くなって語りたくなるのではないでしょうか?
ここまでくるとわかるはずです。評論というのは偉い人が「こうなんだよ」と語りかけてくれているのです。まだ社会にも出ていなくて、知識も少ない。でも人生の先輩が「こういうこともあるんだよ」と文章で教えてくれているのです。そこには感情がこもっているのです。ただの文字の羅列ではありませんよ。文字の羅列だと思うとそれは当然身が入りません。なにかを言いたいんだこの人は。何を言いたいんだろう?と考えながら読むと捉え方は変わると思います。

5-1-2. 小説
小説は評論とは違って物語ですよね。物語といえば、小説以外に漫画や映画や、ラノベや、絵本などいろんな形があります。その中で絵がほとんど登場しなく、ほとんど文字で構成されたのが小説です。これも与えられた小説というのは難しかったり、あまり興味を持てない文章だったりします。そればかり我慢して読んでると今度は小説が嫌いになってしまいます。そうなるくらいなら、興味のない文章は置いといて、世の中にあふれる小説を手に取って読んでみましょう。小説の中にも推理小説やSFものなどいろんなジャンルがあります。その中で興味を引くものを手に取って読んでみるのがいいと思います。僕のオススメは推理小説なら伊坂幸太郎、東野圭吾、松岡圭祐の『万能鑑定士』シリーズ、SFなら『ハリーポッター』シリーズ、『デルトラクエスト』シリーズなどです。まずは本屋に入ってうろうろしてみましょう。中には題名にすごい惹かれるものがあったりしますし、話題作が店頭に置いてあったりします。
一つの本屋を取っても本なんて何冊あるかわからないほど溢れています。その中で一つくらいは面白いと思える作品が見つかるはずだとは思いませんか。
小説は先ほど記した物語の形の中で、もっとも絵がない、つまり全てを文章で表現している高度なものであり、その魅力を文章で全て表すため、ただ日本語を並べただけなのに惹かれる表現を含みます。日本語の美しさを感じることができます。
いきなり教科書で扱われる難しい内容や表現を含んだ小説は理解できなくても当然と言えるでしょう。文章に魅力を感じることができれば、小説も楽しんで読むことができるようになるかもしれません。

 

目次

受験という青春

【名古屋大学生が語る受験の本音】1. はじめに

【名古屋大学生が語る受験の本音】2. 僕の勉強の軌跡

【名古屋大学生が語る受験の本音】2-1.誕生〜小学校時代

【名古屋大学生が語る受験の本音】4. 学校と社会の関連性

【名古屋大学生が語る受験の本音】5. 各教科の面白いところ 国語編

【名古屋大学生が語る受験の本音】5.各教科の面白いところ 英語編

【名古屋大学生が語る受験の本音】5.各教科の面白いところ 理科編