「限界まで使え」ZOZO town前澤氏のお金の使い方





どうも、考え方マニアまえけいです。

僕は考え方マニアです。「価値観」って言葉を使うと、意識高いように見えるので、考え方としました。

考えかたって本当に人によって違うし、それは特異な人生を歩んでる人ほど強烈でぶっ飛んだ考え方になっていきます。

今回紹介するのは、ZOZO TOWNのスタートトゥデイ社長の前澤さんの考え。

前澤さんの本は読んだことがないんですが、バスキアを123億で落札したニュースから注目しています。

スタートトゥデイ前澤代表が123億円で落札したバスキア作品を一般公開

そこで新R25というウェブメディアの連載「マネ凸」という連載に記事が載っていましたので、そこで思ったことをシェアします。

限界まで使え。世界の前澤が語る「お金を増やす方法」はシンプルだった


「いつもお金がない」キリがない物欲

年間約35億円も配当収入がある前澤さんですが、それでもいつもお金がないらしいんです。

ちなみに、ネットで「前澤氏はいつもお金がない」みたいなエピソードが書かれている記事を見つけたんですが、これは本当なんでしょうか…?

前澤さん

事実です。いっさい貯めないです。

欲しいものがありすぎて、次から次へと買っちゃうんですよね。

そこの尽きない物欲があって、お金を使いまくるそうです。これは僕とは真逆。僕は物欲が限りなくなく、体験欲しかありません。サーフィンやスカイダイビングなどアクティビティにお金を費やしたいと思う考えです。

35億もどこに使うんだ、、、と思いました。お金持ってもそんなに使わないよって声をイケハヤさんなどからよく聞くので、そんなもんなのかと思ったけど、人によって考え方は違うようですね。

ちなみに何を買うのかというとこんなものを買うそうです。

最近は現代アート、骨董品、家具、あとは相変わらず車もいっぱい買ってます。将来住みたい場所に土地を買ったりもしますね。



前澤さんのお金に対する考え方

僕とは全く逆の考えを持っていることに気づき、新鮮な気分です。

ではそんなにお金を使う前澤さんの考え方は一体どんなものなのか。

10万円稼いでも1万円しか使わなかったら、自分が想像しうる体験しかできません。でも、10万円入ったその日に10万円全部使ったら、それはいままでにない体験になるじゃないですか。

僕は、その体験が自分の成長の糧になるとずっと信じてます。もっとかっこよく言えば、限界までお金を使うことが明日の自分への投資になる。

これを読み、こういう考えもあるんだと思いました。今までにない体験をすることで世界を広げる、想像できない世界へ突っ込んでいく。そこに面白みを感じるということなのでしょう。

正直それは僕にとっては怖くてできないなと思ったけど、お金が貯まったらぜひやってみたいなと思いました。



まとめ

いかがでしたか?

僕は日々いろんな考えに触れ、いいと思ったら吸収していますが、この考えも一つ面白いなと思いました。

たしかに貯金がないと思って、やれていないことはあります。サーフィンもスカイダイビングも旅行もできてはいない。

ベトナムに住んでいて、賃金が安いのは当然だし、ブログも形になっていっていない今ではお金がないのはしょうがない。

でも使うことを恐れて縮こまっていると、自分の想像しうる範囲でしか人生が広がっていかないというのも事実。

使ってみようと思いました。最近のお金の使い方は中途半端に食費に金をかけてる感じでした。でも遊びに使ってみようかなと思いました。

旅する書道家ブロガー まえけい(前野圭祐)

まえけいってどんな人?

旅のルーツ

LINE@はこちら。

世界一周ブログ村にも登録しています。面白かったら、清き一票をポチッとお願いします!


にほんブログ村

note で詩、300文字小説、ラジオを投稿しています。

レターポット

Valu

スナップマートにて旅の写真を販売しています。先日初めて売れました!