伝えたいこととアクセス、収益を切り離すというやり方のススメ




どうも、旅する書道家ブロガーまえけいです。

こんな記事を読みました。

普段の何気ない日常で感じたことはアクセスや収益と切り離そう!記事の役割分担のススメ

ブロガーのクロネさんの記事です。

実はこれはイケハヤさんのプロが教える「ブログライティング」入門。 という有料noteの記事を読んでいて、リンクが貼ってあったので、飛んだのですが、僕には大事なことだったので、読みました。

そしたら結構響いたので、シェアします。


アクセスを稼ぐためには役立つ記事を書かなきゃいけない。でもそれは負担。

アクセスを稼ぐためには相手に役立つ記事を書かなかければなりません。ただの日記は読まれないですから。それはもちろん誰でもわかることです。

読者がブログに求めているのは、その記事が悩みを解決してくれるかどうかです。それは自分が読者側になってみたら、自ずとわかります。

困りごとがあるときにただの日記を読んでもなんの解決にもならないし、むしろ邪魔と感じることもあります。

でもそればかりを書いていても、本当に伝えたいことがそれとは限らないことがあります。

そこでその解決法を与えてくれたのがこの記事でした。


両立できないのが普通

“「美味しい目玉焼きを食べました」

「朝から食べたい目玉焼きのすごいレシピ10選」

では、全く違います。

・・・しかし、あなたの書きたい記事はどっちでしょうか?

「美味しい目玉焼きを食べました」と普段の何気ない日常で感じたことを書きたいのではないでしょうか。

もしそうであれば、その記事に対してアクセスや収益が伴わなかったとしても、無視してください。

その記事は、アクセスや収益では測れないからです。

上の二つのタイトルの記事を見比べて、それは違うものです。読まれる記事は下。書きたい記事は上です。

どうしてもブログ運営をしていると、下の記事を書くようになる。でもそれを考えるのって結構頭使うし、大変。それにただ純粋に目玉焼きを食べた話を伝えたいと思う時もあります。

そんなときには無理に両立せずに分けていいとクロネさんは書いています。

“全ての記事」を役に立つ記事にせずに、「一部だけ」役に立つ記事にすることだって十分可能です。

1つのブログの中で、

普段の何気ない日常で感じたことを書いた記事

誰かの役に立ってアクセスや収益を生む記事

を別々に書いていくのです。”

この考え方は非常に楽になります。

だってブログを書き始めたのは、お金が欲しいからもありますが、やはりなにかを伝えたかったからです。

僕の場合は、旅の面白さを伝えたかった。だからブログをせっせと書いています。その気持ちを忘れないためにもブログは書きたいものも書いていく。すぐにアクセスにつなげようとせずに楽しむ心を持ちましょうということです。


まとめ

ブログ運営には根気がいります。モチベーションの維持が大変なのが、運営していて感じます。

それを落とさないためにも好きなことを書くことをやめないことが大事なんだということをこの記事から学びました。

ぜひ参考に。

旅する書道家ブロガー まえけい(前野圭祐)

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

まえけいってどんな人?

旅のルーツ

LINE@はこちら。

友だち追加

世界一周ブログ村にも登録しています。面白かったら、清き一票をポチッとお願いします!

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

note で詩、300文字小説、ラジオを投稿しています。

レターポット

Valu

スナップマートにて旅の写真を販売しています。先日初めて売れました!