ぼったくられて怒る奴はバカだ



 

どうも、まえけいです。

初めて煽るようなタイトル付けてみました。結構いますよね。ぼったくられて怒ってる人。そしてそこで値引き交渉してる人。ベトナムに住んでますが、僕もしょっちゅうぼられます。

ぼったくるのは当たり前なんです。現地民よりお金持ってるから。でも僕は絶対値引き交渉はしないんです。

それは

時間のムダ

だから。

みんな海外に言ったら値引き交渉ができるようにならないといけないと思ってます。それに妙にぼられると怒ります。そんなん怒ってどうなるんですか。そこで交渉してる時間無駄じゃないですか?

その交渉でもめた10分間で安くなった金額はいくらですか。そんな時間あったら他の好きなことやった方がいいんじゃないですか?

僕はそう思います。そんなことするくらいだったら僕はブログ書きたいですもん。

コンビニで100円ぼられるだけでみんな怒ります。僕はそれを理解できません。100円とかええやん。他で節約すればええやん。むしろ100円も節約しないかん人なんてもっと他の根本的なところからやばいんじゃない?

高い鞄買うときに5,000円のものを10,000円にぼったくられてるなら、それは怒るのも交渉するのもわかりますよ。僕自身ホイアンで鞄買ったとき、12,000円から7,500円に値引きしましたもん。それは大きい金額ですから、値引き交渉の価値が大きい。

でも100円ですら怒ってしまう人はその金額に怒ってるんじゃなくて、

ぼったくられた事実

に怒ってます。

そんな100円ぼられたくらいで取り乱すなんて気が小さいと思いませんか。

 

せっかく東南アジアに来て、せっかくなら値引き交渉してみたいっていう趣味でやってる人はそれはそれでいいと思います。僕も初めてベトナム来たときちょっとおもしろがってやりました。でも1年も住んでると、そんな小さいことどうでもよくなります。

そんなにコンビニでぼられるのが嫌だったら、そのコンビニは今度からいかずに他のぼられない店を探したらいいんです。ホイアンは結構ぼられないところもあります。最近なんとなくぼったくる店とぼったくらない店は人の感じで見分けられるようになってきた気がします。

僕はお金よりも時間が大事という価値観で生きてます。お金なんてあとで頑張れば稼げるでしょう。時間は取り戻せないです。どっちが大事か考えてみましょう。