ニュージーランドを旅する僕がポルカを立ち上げたたった2つの理由

どうも、前野です。

昨日をもちまして約7ヶ月の日本語教師生活に一度終止符を打ちました。

 

武者修行アドバンスの2週間が終わったらニュージーランドへ飛び、旅をしようと考えています。

そこで僕は初めてフレンドファンディングアプリポルカを使ってプロジェクトを立ち上げました!

 

 

 

 

今回はそれを立ち上げた理由と何をするのかをお話ししたいと思います!

僕がポルカを立ち上げた理由は主に2つです。

 

 

お金が足りなかったから

 

 

僕がこの度ポルカでプロジェクトを立ち上げた理由はつあります。

 

1つ目はお金が足りないということです。これを言ったところで支援していただくみなさんには関係ない話なので、なぜお金が足りないかという話は省きます。

自己責任の話なので。

 

しかし、「お金が足りない」という事実に直面した際、こういう方法もあるんだということを実体験を元に乗り越えようと思い、ポルカでプロジェクトを立ち上げたのです。

 

お金がなくては旅ができません。航空券、宿泊費、食費、レンタカー代などなど。お土産も買おうと思うと、お金は何をするにも必要なツールです。

バックパッカーの旅をするようになってから、節約や削れるところを削るなど方法があることは学んできましたが、それをゼロにすることはできません。

 

 

必要なものにはお金は必要だし、お金があればぜいたくな旅にもアクティビティをたくさんする旅にも自分の好きなようにすることができます。

自分の人生を豊かに楽しむためにお金は重要な手段なのです。

 

この理由は非常に自分に向いた自分勝手な理由なのですが、お金がないけど旅をしたい人にとってはものすごい共感できる事実だと思います。

 

 

 

時間給以外でお金を得ることを試してみたかったから

 

 

 

2つ目の理由は、「時間給以外の方法でお金を得ることをしてみたかったから」です。

 

これは僕が今までお金を時間の対価としてしかもらったことがなく、他の方法でいただく方法を試し、それを達成することをしたかったからです。

僕は時間という概念を最も大事なものだと思っています。お金がない今はお金に縛られてしまいがちですが、お金を持っていたとしたら間違いなくお金が重要だと思う気持ちは無くなり、そのかわり時間が大事であることを痛感すると思っているからです。

 

 

お金と同時に時間も足りないことを身に染みて理解しています。

だからやりたくないことに時間を割いて、その対価としてお金をもらうことはしたくない。それが楽しいならいいですし、スキルになりうることなら喜んでやります。自分がやりたくて磨いていける仕事ならむしろ、時給が低くてもやります。

 

 

実際に7ヶ月行った日本語教師は時給に換算したらものすごい低く、いい仕事とは言えない人もいるでしょう。日本でバイトをした方がよっぽど稼げます。

でも僕がそれをしない理由はそれが後々役に立たないことを知っているからです。僕のやりたいことは決まっています。そしてそれに必要なこともスキルもわかっている。それ以外のことをやっている時間はありません。

 

 

またビジネスをしていく、自分でコンテンツを生み出し、自分自身をマネタイズできるような生き方を目指す僕としては、他人に時間を明け渡す訳にもいかず、時給でお金をもらう考え方から脱却しなければなりません。

 

時間を投資すればすぐにお金はもらえます。でもそれに身を一度委ねてしまうとそこから抜け出せなくなり、あとあと何も変わらない状況ができることを危惧しています。

 

 

だから今はお金がなくてもコツコツとスキルを磨き、努力を積み重ねる時期なのです。そのためにブログ、YouTube、noteなどを使って自分のコンテンツを生み出していっています。

 

 

その一環としてクラウドファンディングは信用ある人にだけ集まる時間給ではない方法の1つとして、試してみたかったことの一つなのです。しかし、ハードルが高く、自分では集まらないと自信がありませんでした。

 

 

しかし今年、日本最大のクラウドファンディングプラットフォームから新しく、もっと気軽にプロジェクトを立ち上げられるプラットフォーム、ポルカが作られました。

 

これで僕のハードルは下がり、自信はないものの挑戦してみようという気になりました。

これからお金のあり方から生き方までさまざまなことが変わっていくことを肌で感じています。旅も武者修行も新しい生き方の一つだと思っています。

 

そして多様性のある生き方が実現する昨今の社会に「信用」が重要なキーワードであることを幾度となく耳にしています。

 

人からの信用、信頼がなければお金は集まらない。信用がある者が生き残る社会が来ている。

そんな言葉を耳にし、実際にそのケースに当てはまる人を見て実感しつつあります。あとはそれを自分で体験し、実感することが、100%の理解につながる。

 

 

そう思って自分を実験台とし、自分を試す意味で、ポルカの立ち上げへとつながりました。

 

 

 

旅を伝えたい

 

 

他にもポルカ立ち上げに対して考えていることはあります。

もちろんただお金を投資するだけの人はそうはいないはずです。それに見合ったリターンが必要になります。

 

お返しとして僕ができること、したいことは、「旅の良さを伝えること」「ニュージーランドの魅力を伝えること」です。

 

 

 

 

ニュージーランドには数々の自然があり、あの名作映画ロードオブザリング、ホビットの舞台となった場所としても有名です。

また 世界遺産になるかもしれない星空やたくさんの日本人がワーホリで滞在しています。人よりも羊の数が多いことでも有名ですが、他の点でなかなか知られていない部分も多いと思います。僕自身ニュージーランドの魅力を語り尽くすことはできないでしょう。

 

そしてニュージーランドの情報をとろうと思ったら、ネットでいくらでも出て来ますが、その空気感や音や食べ物の味、五感をフルに同時に使ってニュージーランドを感じ取って、それを熱を込めて伝えることは僕にしかできないことだと思います。日本にいるみなさんが本当に旅を求めているかはわからない。

 

でも僕のこのプロジェクトを通して、旅へのスイッチが入るかもしれないし、ニュージーランドという国が今までより具体的にわかって、行ってみたいと思うかもしれない。僕がこれを通して伝えたいのは、無理に旅に出ろということではなく、日本以外にもっと面白い場所があるということを知っていただきたいからです。

 

日本だけにいては、日本を中からしか見ることができず、価値観も偏ってしまう。また一歩外へ出れば、世界はそこから連鎖的にどんどん広がっていき、価値観も豊かに広がっていきます。

 

心も体も開放的になり、可能性に満ち溢れていきます。

 

僕は2年前ニュージーランドへ旅をして、それを実感しました。だからこそ大学院をやめてまで旅人になることを決意したのです。

 

この僕の熱い想いが少しでも誰かに届くように、1000円という高いお金をいただくかわりに人生の幅が広がることを提供したいのです。

 

たしかに無料で漫画も映画も情報も取れる時代に1000円もかける意味があるのかといえばそれはわかりません。そんな指摘を友達から受けました。たしかにそうだと思います。しかしそこにはないものを僕は持っている自信があります。それは「想い」です。

 

 

 

 

何かに対する熱い想いには力がある。僕は他の人のそれに影響を受けてこれまで行動して来ました。堀江さんであり、西野さんであり、見城さんであり、はあちゅうさん、高橋歩さん、様々な人の言葉が僕を変え、僕の行動を変化させて来ました。

 

 

僕にもそれができるはず。僕もそれをできる人間になりたい。

想いを形にし、行動で表せる人間になりたかった。それの第一歩としてこのポルカのプロジェクトは存在するのです。

 

 

僕のこれまでの言葉に何かを感じた方はぜひポルカにご支援をお願いいたします。

ポルカニュージーランドを旅したい!

 

 

 

 

必ずや僕の全力をもって価値を提供いたします。どうかよろしくお願いいたします。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ベイスにてポストカードを販売しています。

前野圭祐のネットショップ

タイムチケットもやっています!人生の幅が広がる旅の経験、日本語教師の体験をお話しします!

名古屋大学大学院を中退し、旅に出た僕が旅を語ります!

僕が「変態」した武者修行について語ります!

名古屋大学大学院を宙足し、旅に出た僕が旅を語ります!

スナップマートにて旅の写真を販売しています。

スナップマート前野圭祐のアカウント

noteで有料マガジンを発行しています。

旅エッセイ|note

感謝日記|note

【プロフィール】 〜旅する日本語教師〜  前野圭祐(まえのけいすけ)

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

愛知県出身の23歳の日本人。名古屋大学を卒業後、大学院に進学するが、一冊の旅の本に出会い、それに衝撃を受け、中退。旅を中心に生きていくことを決意した。

2017年5月に世界一周へ出発。旅のテーマは「好奇心」。テーマを決めず、自分の「好奇心」に従う旅をし、そこで感じたことを様々な方法で発信する。その方法はこのブログ、noteによるエッセイ、詩、YouTubeによる動画、トラベルライターなど。今後も発信を続け、大好きな文章を中心に活躍の場を広げていきたいと思っている。

2017年6月〜11月の間は、ベトナムのホイアンで日本語学校の講師として働いている。

LINE@はこちら。

友だち追加世界一周ブログ村にも登録しています。

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村