先生の日にプレゼントをもらった!

どうも、前野です。

11/21は何の日だか知っていますか?

ベトナムでは先生の日です。

 

 

日本には敬老の日や、勤労感謝の日など、年配の方、働いている人に感謝する日がありますが、先生に感謝する日はありませんよね。

 

僕もたまたまなんですが、日本語を教える先生をやっていますので、先生の日の感謝の対象になりました。

 

日本の勤労感謝の日のように休みであったり、ただ「いつもありがとう」というだけだったりするものだけだと思っていたのですが、びっくり。そんな形だけのものではありませんでした。

 

その模様を動画で公開します。

 

 

 

日本語の先生として働く僕に生徒がなんとプレゼントをくれました!しかも3つです。

それがこちら。

 

 

 

プラスチックの造花

 

 

こちらをくれたのは、15歳の中学生の女の子、Nhiちゃん。彼女は直接授業を持っていないのですが、授業時間外でも学校に遊びに来たりして顔を合わせることが多いです。話しかけてくれるし、授業の時間に来て、僕が作業していると、顔をのぞかせて挨拶をしてくれます。

 

1ヶ月前の10/20の女性の日のときのように、道ばたに並んでいる花とは違って包装まできちっとしたプレゼントの形で僕に渡してくれたことに僕はびっくりしました。15歳ですよ。ここまで感謝してくれる15歳は他にいません。うれしい限りです。

 

 

 

セラミックスボトル

こちらをくれたのは、22歳の大学生の女の子、Hieuさん。

Hieuさんは2年ほど日本語を勉強しており、来年4月から日本へ留学へ行きます。

 

日本語学校のスタッフとしても関わってくれており、受付をしてくれています。

日本語も生徒の中で最も話せるので、仲良く話しています。

 

 

お菓子

 

写真なし。

 

 

食べてしまったので、写真はないですが、コンビニで売っているようなスナック菓子ではありませんでした。

詳しくは動画をご覧ください。

 

くれたのは14歳の女の子、thiちゃん。

 

学校や塾が忙しくて、なかなか来れない日もあるようですし、毎日勉強していて大変そうな子なのですが、テストのある時期は日本語の勉強をストップして勉強に励んでいます。落ち着いたらまた戻ってきて勉強を再開します。

 

真面目な子です。

 

 

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ベトナムでは日本で見られない文化がまだまだあることを住んでから、たくさん知ります。

そのどれもがベトナム人の温かい気質を表すものばかりで、僕も気持ちが温かくなり、明るくなり、優しくなります。

家族をはじめ、関わる人を大切にする文化は素晴らしいものがあると思います。

これからも日本語学校のためにできることを行い、生徒の日本語向上に貢献したいと思います。

 

 

 

前回の記事はこちら。

【災害】一夜にして海と化したホイアンの町!

こちらの記事もオススメです。

×Instagram 11/25

×インスタグラム11/27

旧市街で日本人探しの同行!

【プロフィール】 〜旅する日本語教師〜  前野圭祐(まえのけいすけ)

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

愛知県出身の23歳の日本人。名古屋大学を卒業後、大学院に進学するが、一冊の旅の本に出会い、それに衝撃を受け、中退。旅を中心に生きていくことを決意した。

2017年5月に世界一周へ出発。旅のテーマは「好奇心」。テーマを決めず、自分の「好奇心」に従う旅をし、そこで感じたことを様々な方法で発信する。その方法はこのブログ、noteによるエッセイ、詩、YouTubeによる動画、トラベルライターなど。今後も発信を続け、大好きな文章を中心に活躍の場を広げていきたいと思っている。

2017年6月〜11月の間は、ベトナムのホイアンで日本語学校の講師として働いている。

世界一周ブログ村にも登録しています。

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村