武者修行1ターム6日目

 

 

 

前野圭祐です。

 

 

今年の春にお世話になりました、株式会社旅武者が運営するベトナムでのインターン研修、武者修行プログラム。

 

 

あれから5ヶ月がたち、16タームという編成になった、2017年の夏がスタートしました。

現在SJS(日本語学校)を担当してくれている1タームが中間プレゼン、オフ日を終え、再スタートの6日目。

それぞれの思いを胸に秘めながら、新たな一歩を踏み出します。

 

 

 

授業がない時間帯は普段誰もいない、教室が議論で賑やかになっています。

 

 

おとといの中間プレゼンでフィードバックを受け、そのあとの面談で泣いてしまった人もいるそうで、

本気でのぶつかり合いを感じます。

 

 

3月の自分たちを見ているようです。

みんながそれぞれの思惑を持って、ここにきて偶然集まった30人。

本音をうまく言えなくて、モヤモヤがまだ残っている人もいれば、今までのことをポジティブに捉え、再スタートを切ろうとする者もいる。

形はどうであれ、真剣に向き合おうとしている人たちが目の前にこんなにいる光景はただ日本で過ごしていても、見つからない。

 

 

貴重な体験です。

僕もしっかり生徒のために授業をしなければ、とエネルギーをもらえます。

 

 

 

 

これは僕の経験上の話ですが、これからの行動をどうするかでチームはガラリと変わる。

 

その瞬間というものを僕は感じたことがあります。

みんなにもそれを知ってほしいと思いながら、見守る気持ちでいます。

 

 

頑張ってほしい。

ここで得られるものは必ずある。ぼくはたしかにそのものを得て、なにかを変えたから、今ここにいます。

武者修行プログラムに参加しなければ今この日本語学校にはいないのですから。

 



前回の記事はこちら。

 

【名古屋大学生が語る受験の本音】2-1.誕生〜小学校時代

【名古屋大学生が語る受験の本音】1. はじめに

受験という青春

【名古屋大学生が語る受験の本音】2. 僕の勉強の軌跡

ベトナムで未だ拭えない唯一の違和感

【探求とは】

ブログにつけた名前QUESTの和訳に値する日本語。意味はズバリ探し求めることを意味する。行きたい場所、成し遂げたいことなど決まったゴールに向かってその答えを見つけること。それが探求です。毎日一つ何か新しく発見したもの、ことを発信するプラットフォームです。

【QUESTとは】

名前の由来はこのブログの運営者である私が、昔はまったドラゴンクエストというRPGが大好きでその名前からとったもの。

他にもモンスターハンター、デルトラクエストといった、多くのRPGゲームやSF小説に登場するクエストという言葉を聞くと、冒険を思い出し、ワクワクしたため、ぜひ自分の旅もそのようにワクワクするものにしたいという強い思いが込められています。

QUESTの直訳である「探求」という言葉には漢字の異なる同音異義語が存在する。

それが「探究」です。これもQUESTの意味に加えるとします。

求めるゴールが明確である「探求」に対し、「探究」とは答えのわからないゴールへ向かって、その道のりを探すことを意味する。

我々人間が共通して抱える見えない目的、それは「生きること」。「なぜ生きているのか」。その答えは23年間生きてきた今なおわかっていない。

だれもが悩み、一度は考えることである。それは行動することでしか見つからない。

それを場所を変え、探し究める。それが「探究」の意味するところです。

「探求」と「探究」。

この二つを旅の2大テーマとし、私に課せられたQUESTをひも解く旅に出ます。それを記した文書こそ、旅ブログQUESTとなるのです。

またこのQUESTという5つのルファベットからなる単語には、それぞれ旅の神髄とも言える、意味が込められているのです。

これは僕自身の旅の指針であり、2つのテーマを成し遂げるために必要な要素であるとも言えます。

■■■■■■■■■■■■

Q:Question (疑問を持つ)

U:Unique (唯一無二の)

E:Exciting (興奮する)

S:Surprising (驚く)

T:Try (やってみる)

■■■■■■■■■■■■

この指針に従い、旅を続けています。 発信内容は、「探求」と「探究」をそれぞれ分けて、1日1トピックずつ発信しています。

■■■■■■■■■■■■

*探求:毎日一つ何か新しく発見したもの、ことを発信します。 *探究:「探求」したことに対して、自分の感じたことを漢字1文字で表し、それに対する解説を行います。

 

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

【プロフィール】

愛知県出身の23歳の日本人。名古屋大学を卒業後、大学院に進学するが、一冊の旅の本に出会い、それに衝撃を受け、中退。旅を中心に生きていくことを決意。

2017年5月に世界一周へ出発。最初は台湾へ行き、次にベトナムへ移動し、現在は日本語学校の先生をしている。旅のテーマは「好奇心」。テーマを決めず、自分の「好奇心」従う旅をし、そこで感じたことを様々な方法で発信する。その方法はこのブログ、エッセイ、詩、YouTubeによる動画、トラベルライターなど。今後も発信を続け、大好きな文章を中心に活躍の場を広げていきたいと思っている。