受験という青春

前野圭祐です。

 

img_9214-10

僕の人生は受験によって、大きく変わりました。受験に出会って、頑張って勉強した結果、愛知で一番の名古屋大学に入ることができた。これは僕にとって、一番の成功体験になりました。言っても日本でトップ10に入る大学だし、一生懸命勉強した結果が実ったんですから。夢を叶えたものですよね。夢や大きな目標を叶える過程を実体験をもとに知ることができたという経験は大きい。

その経験をぜひ今の受験生、高校生に知ってほしいと思い、密かに自分の中だけで、本を書いていました。

しかし、それを出版することはかなうはずもありません。それはコネもない上、海外にいるからです。

じゃあなぜ本を出そうと思ったのかというと、本を出しているという自己満足に近い感情と、印税が欲しいという欲望のせいでした。お金がない人はお金が欲しいと思ってしまう気持ちがあるのは、否めなかった。

しかし、キンコン西野さんの絵本無料公開を皮切りに、いろんな人が無料公開を始め、現在なんとワンピースも無料公開されています。

確実に無料公開の波は来ています。

そして、今。

僕もそれに乗っかり、自分で書いた公開していない本に書いた内容を分けて、公開したいと思います。

僕の中にあって、誰も知らないことがあるよりは、お金など入らなくても、受験生のみんなにこんな受験の捉え方があるんだということを知ってほしいのです。

 

有料媒体ではないので、改めての無料公開ではないですが、読んでいただけたら幸いです。

 

 

 

前回の記事はこちら。

【探求とは】

ブログにつけた名前QUESTの和訳に値する日本語。意味はズバリ探し求めることを意味する。行きたい場所、成し遂げたいことなど決まったゴールに向かってその答えを見つけること。それが探求です。毎日一つ何か新しく発見したもの、ことを発信するプラットフォームです。

【QUESTとは】

名前の由来はこのブログの運営者である私が、昔はまったドラゴンクエストというRPGが大好きでその名前からとったもの。

他にもモンスターハンター、デルトラクエストといった、多くのRPGゲームやSF小説に登場するクエストという言葉を聞くと、冒険を思い出し、ワクワクしたため、ぜひ自分の旅もそのようにワクワクするものにしたいという強い思いが込められています。

QUESTの直訳である「探求」という言葉には漢字の異なる同音異義語が存在する。

それが「探究」です。これもQUESTの意味に加えるとします。

求めるゴールが明確である「探求」に対し、「探究」とは答えのわからないゴールへ向かって、その道のりを探すことを意味する。

我々人間が共通して抱える見えない目的、それは「生きること」。「なぜ生きているのか」。その答えは23年間生きてきた今なおわかっていない。

だれもが悩み、一度は考えることである。それは行動することでしか見つからない。

それを場所を変え、探し究める。それが「探究」の意味するところです。

「探求」と「探究」。

この二つを旅の2大テーマとし、私に課せられたQUESTをひも解く旅に出ます。それを記した文書こそ、旅ブログQUESTとなるのです。

またこのQUESTという5つのルファベットからなる単語には、それぞれ旅の神髄とも言える、意味が込められているのです。

これは僕自身の旅の指針であり、2つのテーマを成し遂げるために必要な要素であるとも言えます。

■■■■■■■■■■■■

Q:Question (疑問を持つ)

U:Unique (唯一無二の)

E:Exciting (興奮する)

S:Surprising (驚く)

T:Try (やってみる)

■■■■■■■■■■■■

この指針に従い、旅を続けています。 発信内容は、「探求」と「探究」をそれぞれ分けて、1日1トピックずつ発信しています。

■■■■■■■■■■■■

*探求:毎日一つ何か新しく発見したもの、ことを発信します。 *探究:「探求」したことに対して、自分の感じたことを漢字1文字で表し、それに対する解説を行います。

 

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

【プロフィール】

愛知県出身の23歳の日本人。名古屋大学を卒業後、大学院に進学するが、一冊の旅の本に出会い、それに衝撃を受け、中退。旅を中心に生きていくことを決意。

2017年5月に世界一周へ出発。最初は台湾へ行き、次にベトナムへ移動し、現在は日本語学校の先生をしている。旅のテーマは「好奇心」。テーマを決めず、自分の「好奇心」従う旅をし、そこで感じたことを様々な方法で発信する。その方法はこのブログ、エッセイ、詩、YouTubeによる動画、トラベルライターなど。今後も発信を続け、大好きな文章を中心に活躍の場を広げていきたいと思っている。